CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS)
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
表紙からしてやばすぎます(´ii`) 森永くんストラップもついてなんておトク感。買うべし!!!!!
RECOMMEND
恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
恋する暴君 5 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
兄さんが欲求不満!?(´∀`*)
描き下ろしで爆死する読者多数
これは…まじで逝けます(あの世的なところへ)
RECOMMEND
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS)
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第4巻。
もう、二人の全てが愛しい愛しい愛しい
RECOMMEND
恋する暴君 3 (3)
恋する暴君 3 (3) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第三巻。
合意バックーーー!!!
RECOMMEND
恋する暴君 2 (2)
恋する暴君 2 (2) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第二巻。
兄さんが嫉妬をね…v
RECOMMEND
恋する暴君
恋する暴君 (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
我がバイブルです。
兄さーん!大好きだー!!
SPONSORED LINKS
MAIL FORM
MOBILE
qrcode
<< お腹いっぱい(´▽`) | main | DVDとかコミックスとか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
『かわいさ余って何かが百倍』 エンゾウ
表紙買いしました。当たりでした(´∀`)v



真面目(実は隠れゲイ)なサラリーマンの三國蓮次は、その日も上司との不毛な不倫を続けていた。が、その現場を知り合いの花屋のオーナー・一ノ宮しのぶに目撃されてしまう!ゲイの自分に悩んでいた三國を”キチク”な言葉と態度で翻弄してくる一ノ宮。不器用な三國もいつしか自分のすべてをさらけだして…。
表題作ほか、美形オカマ×強気ボーイの逆転ラブや、高校生同士の甘酸っぱい恋も同時収録!
本屋で見かけて気になって、お金が全然なかったのでATMでわざわざ下ろして買いました(´▽`;)でも買ってよかったですv

表題作の『かわいさ余って何かが百倍』。どSのお花屋さん一ノ宮しのぶ×地味なサラリーマン(実はゲイ)三國蓮次のお話です。タイトルの『何か』は決してチ〇〇ではないと思われ…(笑) あ、でも決してとも言えないか(^^;)じゃあたぶんw

花屋の店頭で花をいじってたやんきーにしか見えない一ノ宮を三國が叱って赤っ恥をかいたというのが二人の出会いなのですが、その後三國の会社の花を活けてる一ノ宮が三國と上司のアレな現場を見てしまって… という話です。
一ノ宮がとっても純然たるドSな鬼畜で清々しささえ覚えますねw つーか最初はほんと非道い(^^;)
現場を見た一ノ宮が三國に「…俺がやってやろうか?」と言い出して顔を近づけるので、『お、BL展開か?』と思いきや

「誰がホモの相手なんかするかっつの」


とただでさえ傷ついてるところにさらに追い討ちかけたりね。まあもちろんそのまま終わらなくて、ちゃんと三國が一ノ宮のところへくるようにきっかけ作りも忘れないのでぬかりはないです(´∀`)
一ノ宮のところへきた三國が自分がゲイなことをからかわれ見下されひどいこと言われるので、キレて泣きながら自分がどんな思いしてるかをぶちまけます。直後に正気づいて逃げ出すんですが、その泣き顔がドS心に火をつけたといいますか…vv この後へと繋がっていくわけですよ。

会社で三國が例の上司に呼び出されていくと、上司はやっぱりくそやろうで三國がひどく振られるわけですが、そこへまたしても登場してくそやろうの頭にお花の栄養剤をぶっかける一ノ宮。GJです。そしてやっぱり三國の泣き顔にそそられすぎる一ノ宮。GJGJGJです。
ここはBLっぽくそのまま押し倒してなるようになります(´∀`)
そしてその後色々話しながら三國のことを慰める一ノ宮。慰め方が独特と言いますか。花の名前を読み上げるだけというww ここからちゃんと花言葉を調べた三國はエライ。私はわかりませんでした。調べた三國が赤面してるのが気になって私も調べてみたのですがたしかに(^///o///^)おま、その顔で/// って感じでした。


それにしても描き下ろしが豪華すぎます。雑誌でもし読んでたとしたら最初の2話だけだったんですよね、これ。それだとちょっと物足りない感が漂うんですが、この描き下ろしでとってもおなかいっぱいになりました(´∀`) なにせ最初っからえろですから。うはvゴチvv(>∀<)
三國は50代から60代がもともとストライクゾーンの人なのでヤル気も元気もマンマンなのと付き合うのは初めてなわけですよ。「俺にとってのそれは相手を高めるためのものだったから」というモノローグには少なからずショックを受けましたw そうか、その年代だとそうか。それがストライクゾーンとは難儀ですなぁ。
そんな元気な一ノ宮となんだかんだとラブってたところちょっと気まずくなることがありまして、そこへ現れたのが三國の元彼、60近く(だけど精神年齢若い)の佐竹。 これにちょっと引っかきまわされるのがかわいかった(´∀`)。やっぱり若い子はおもしろいなあ〜〜大将っ! ですw
えろしーんがこれまた。いいですわ。うえにのっかられてこしふられてなかれてそれにぞくっときていってしまういちのみやがくぁわいいのなんの////


あとは高校生同士のかわいいお話と、美人オカマさん×店で働くボーイのお話がありました。
高校生カプの、受け攻めを決めかねての「毎日交代ですればいいんじゃないか」発言とか…!(*>∀<)ノシ もうっ…もうっ…!!
そして美人オカマさんは清楚系のきれいな顔と性格してて可愛かった〜v 一度ふられて泣いてしまうのもかわいい。なのに最後はガチの攻なのですw
これも大量描き下ろしがついてまして、元々掲載されてた1話目と比べるとラブが特盛りでした。本当にありがとうございます。

結局「かわいさ余って〜」の描き下ろしとあわせるとコミックスの半分は描き下ろしという、とても作者さんが頑張った一冊となってます(^∀^;) 描き下ろしでここまでしっかり続きを描いてくれるととても嬉しいですよね。
この方はどうやら元々は○魂の沖土を描いてらしたようで、ドSの扱いには長けてらっしゃるのかなーと表題作を見て思いましたv 絵も綺麗だったしこれから要チェックー!
| [BL漫画]その他 | 00:59 | comments(5) | - | |
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - | |
コメント
えー!これめちゃ面白そうじゃないですか。
最近自分なかなかコレ!ってのにめぐり会えてないんで、読んでもようかと思いますvv
| うにゃうにゃ | 2010/05/18 10:36 PM |
お久しぶりです!この漫画面白そうですね!はなさんの文章読んでたら、かなり惹かれました!買おうかな〜wところで暴君のコミックはいつ出るんでしょうかね〜?1年に1冊のペースなんですかね?私は5巻までまとめて買ってしまったので、イマイチ発売時期が分からなくて(泣)もう待ち切れなくて、暴君禁断症状が出ていますw今日ついにAmazonでチャレンジャーズ4巻セットで購入してしまいましたよw森永君と兄さんのお話しも結構あるのかな?楽しみ〜!
| ちっち | 2010/05/19 11:39 AM |
>うにゃうにゃさん
こんばんは〜。ぜひ読んでみてくださいv
面白かったですよ(´∀`)

>ちっちさん
ありがとうございます(^^)よかったら読んでみてくださいね。私は面白かったと思うのでテンションの高い感想になりましたw
暴君の新刊いつでしょうね(・ω・`)連載が終わってから結構経つからそろそろかなーと思いつつ毎月の新刊情報見てるんですが6月もまだでないみたいだし…。早く読みたいですね。OVAがあるから色々先生も大変なんだろうなーと思います。
おお、チャレを買われましたか!チャレを読むと暴君の兄さんがいかに大人しくなったかがよくわかります(あれで?)。その兄さんが森永くんに…vvという思いがより一層深まるのでぜひぜひ気合入れて読んじゃってくださいー!(>∀<)
| はな | 2010/05/19 11:21 PM |
すいません!またまたコメントさせていただきます!blog内容とは関係ない記事になってしまいますが、暴君を読み返してたら、3巻のあとがきで高永先生が浴衣姿の2人は、バカンスH小冊子で既に…と書かれてたんですが、これは1〜5巻までのコミックスには掲載されてませんよね?どこに掲載されているものか分かりますか?
こんな内容の記事をコメント欄に載せてしまってすいません(T-T)ご存知でしたら、教えて下さい!
| ちっち | 2010/05/23 12:03 AM |
ちっちさん、こんばんは〜。
バカンスH小冊子は以前GUSHの全サであった小冊子です。コミックスに再録されることはないと思うので、もし読みたいとなるとヤフオクとかまんだらけとかそういうルートでしかもう手には入らないですね(・ω・;)
地道に探してみてください〜。検討を祈ります/(`・ω・´)
| はな | 2010/05/23 12:33 AM |
コメントする