CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS)
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
表紙からしてやばすぎます(´ii`) 森永くんストラップもついてなんておトク感。買うべし!!!!!
RECOMMEND
恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
恋する暴君 5 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
兄さんが欲求不満!?(´∀`*)
描き下ろしで爆死する読者多数
これは…まじで逝けます(あの世的なところへ)
RECOMMEND
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS)
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第4巻。
もう、二人の全てが愛しい愛しい愛しい
RECOMMEND
恋する暴君 3 (3)
恋する暴君 3 (3) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第三巻。
合意バックーーー!!!
RECOMMEND
恋する暴君 2 (2)
恋する暴君 2 (2) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第二巻。
兄さんが嫉妬をね…v
RECOMMEND
恋する暴君
恋する暴君 (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
我がバイブルです。
兄さーん!大好きだー!!
SPONSORED LINKS
MAIL FORM
MOBILE
qrcode
<< CDフェア | main | 明日ー! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
『きみが恋に溺れる』act.14 高永ひなこ [ASUKA CIEL1月号]
 まさかまさかの展開でした。高永先生の作品はいつも私の想像(妄想)のはるか上をいきます。今回もすごかった。
陣内なんか、陣内なんか。今までかろうじて「さん」づけしてましたがこれからは「陣内」って呼び捨てにしてやる〜(>∀<) 礼一郎さんにあんなコトをするだなんて…!(´Д`*)ハワワ
 巻頭カラーだったんですね。見開きカラーで雪の上に倒れてるのかな。散ってる花びらは椿とかでしょうかね(´∀`)v 白に赤が映えるんだぜ。そしてなりより礼一郎さんがふつくしい。着物いいわぁ…。あ、陣内ももちろんかっこいいですよ(^ω^)


前回のおわりに、陣内さんにマジ告白した鬼島さん。今回はその続きからです。
抱きしめて「好きだ」と言ってるのに「いいかげんにしろ!酔ってるのか?」と本気で取り合わない陣内。まるきり鬼島さんの想いを正面からとらえる気はなさそうです。
「ひどいな」とかるくため息ついて流してますが鬼島さんも辛かろう…(;ω;) 本気の告白をなかったことにされたわけですからね。受け入れる受け入れないは別として「本気の告白」なんだから「本気で返事」しないとだめですよね。スルーはアカン。

陣内はそのまま「夜風にあたって頭冷やせ!」と鬼島さんの横をすり抜け、タクシーを拾いに外へ出て行きます。
ところがそこで礼一郎さんと菊川お嬢さんに鉢合わせ。鬼島さんの告白をスルーしたものの動揺はしてる陣内。そこに輪をかけてもっと動揺するような組み合わせと鉢合わせしてしまい、挨拶さえ出来ずに固まってしまいます。
礼一郎さんも陣内が鬼島さんと一緒に出てきたもんだから不安げな様子。事情を聞きたそうに声をかけようとするんですが、菊川お嬢さんとの世間話にさえぎられてしまいます。

これもねー。あとで陣内が言ってますがあえて言い訳しなかったらしいです。あ〜〜。陣内。お前はどこまで陣内なんだ(´△`)
礼一郎さんにお嬢さんを送っていくのかわざわざ確認して肯定の返事されて落ち込んだり。陣内…。おまえというやつは(ry
礼一郎さんも陣内が鬼島さんと一緒にいることに動揺してて、お嬢さんと一緒にタクシー乗ったものの顔色悪くなって手まで震えてるんですよね(´・ω・`) 
「自分だけ傷ついたような顔しないでくれ…!」とか思ってますが傷つけてるのはおまえなんだぞ陣内〜(´Д`)

そうして自分のマンションに帰ってからもうだうだしてた陣内ですが、そこへお嬢さんを送り届けた礼一郎さんがやってきます。
「何度会おうと今以上の気持ちを抱くことはないからそんなに怒らないでくれ」と礼一郎さんが言うとちょっと嬉しそうな顔をする陣内。単純〜w(´∀`)
ですがそれも礼一郎さんがお嬢さんにはっきりと断ることができなかったと知ると一気にまたへこみ、冷静に話す自信がないから帰ってくれと言い出します。
礼一郎さんが「必ず解ってもらうから」と言っても「それはもう何度も聞いた!!」と一層激しく怒るんですよね。礼一郎さんの『立場』ゆえに、時間がかかればかかるほど断るのは難しくなるんだと。

たしかになー。陣内の心配する気持ちもわからなくないです。陣内からすれば礼一郎さんのバックボーンを気にするなと言うほうが無理なわけで。なんたって「自分の会社の社長の息子」ですからね。返事をずるずると長びかせては、この話をまとめたくてしょうがない百戦錬磨の見合いばばあ(笑 ※いるかどうか知りません。完全に私の想像です)に上手く丸め込まれるかもしれないと思いますよね。どんどん話が進んでいって気付いたら外堀埋められてたなんてことになりかねない。暴君と違ってこっちの外堀は埋めてもらっては困ります。

ただ礼一郎さんとしては断るといってるのになぜ信用しててくれないのか、と陣内さんに言いたくもなるわけで。陣内さんとしては信用するしないの話じゃないといいたいんでしょうけどね。
そして礼一郎さんの「俺にはあれこれ言うくせに…自分は鬼島さんと…」という発言についにキレてしまいます。ネクタイをひっつかんで激しく詰めよる陣内。鬼島とはなんでもないって解ってるはずだろ…!と怒り、礼一郎さんがオレが断るといってるのにいつも不安そうに…というものの「意味合いが違う」と。
自分と鬼島の話は陣内がしっかり自分として断ればまわりがとやかく言う問題ではないですよね。ただ礼一郎さんの場合はそうではない。まわりにとやかく言われまくりの問題です。断りきれないうちに「で、結納の日取りですが…」とか言われかねません。おお怖い怖い(´Д`) それを心配してるんでしょうな。
だからそれを解ってくれない礼一郎さんに陣内は焦れてしまうわけで…。

今までに見たことがないほどに激しく怒り、そのあと黙り込んでしまう陣内に礼一郎さんは「ごめ…」と謝りつつ近づくんですが、そこで陣内からキスされます。そのまま押し倒されてしまい、お?ラブい展開…?と思ったところが。

ワイシャツのボタンが飛ぶほどに礼一郎さんのシャツの前を開き、礼一郎さんが動揺してるところへさらなる仕打ち。ネクタイを無理矢理ひっぱって

「くわえろ」

うわ。キタ。
テンションのままに読んでた時は萌えられましたが今読むと辛いな(´△`)
まさかの展開に礼一郎さんも何がなにやらです。激しく戸惑って「あのっ… 陣内…っ?」と陣内の顔を見る礼一郎さん。陣内はそんな自分の顔を見られたくないのかさらにネクタイを引っ張り「口を開けて」と言ってそのまま無理矢理突っ込んでしまうのです…。うわぁ(´Д`)

礼一郎さんの「あのっ…」って台詞が(;ω;) なんかすごく礼一郎さんの戸惑いが現れててここばっかり何度も思い返してしまうほどです。「あのっ…」って。
ムリヤリ口に突っ込まれて涙目になってる礼一郎さんですが、私には『嫌悪感丸出し』というふうには見えませんでした。だからこの前も書きましたが、もちろんショックなんでしょうけどくわえた以上何とかしようとしてるように見えるんですよね。陣内をなだめようとしてるというか。
つまり。ムリヤリじゃなかったら。いつかえちの流れで優しく促したりろくじゅうきゅう的なことで上手く促してれば、礼一郎さんはふぇrしてくれたと思うんだ。だからこそ初ふぇr(…ですよね?たぶん)がこんなことになってしまって余計に可哀想というか…。
うう。・゚(゚´Д⊂)

ふぇrが嫌そうじゃないと思えた一番の理由は最中の表情もですが、そのあとの表情かな。「陣内…」って言ってるところ。震えてますけどトーンの加減なのか怯えた風に見えないというか。ここまでだったら礼一郎さんもなんとか許容範囲だったのかな…と思ったんです。だから礼一郎さんにとってもっとショックだったのは、このあとの慣らさずに押さえつけられてムリヤリ後ろから突っ込まれたことのほうじゃないかな、「嫌だ」「ムリ」「痛い」と言ってるのにやめてもらえなかったことのほうじゃないかなと思いました。

うう、辛い…。・゚(゚´Д⊂)  でもやっぱりちょっと萌える。ごめん礼一郎さん。

事後に泣きはらしたような目元で寝てる礼一郎さんが可哀想で可哀想でしかたなくてやっぱりちょっと萌える。ごめん礼一郎さん。(2回目)
陣内もここまで自分が酷いことをするとは思ってなかったようで、自分をまるで制御できないことにショックをうけています。そのままふらりとベッドから立ち上がり「もしかしたら もうこれ以上溺れる前に 離れるべきなのかも…しれない」というモノローグで終わり。

とっくに溺れきってると思いますがね(´∀`;)
でも自分が好きな人に対してここまで酷いことするなんて、とショックだったんだろうな。離れるべきかもとそりゃあ考えますよね。
しかし酷いことも「礼一郎さんにしてる」ってだけで酷さが『倍率ドン!さらに倍!』な感じです。はらた○ら並みの倍率で酷く感じますね。ヘタレのくせに(だから?)どSな陣内がさらにキチクに見える〜。

本当に陣内はこのままの礼一郎さんを置いて離れて行ってしまうのか。
後始末ぐらいしていけ〜!ヽ(`Д´)ノ ってそうじゃない。
次回でとりあえずの最終回ですよね。どんな展開になるのかな。また2ヶ月先か…。とにかく無事解決してほしいです。お嬢さんには空気読んで引いてほしいところですが、そうもいかないだろうな。やっぱり礼一郎さんがちゃんと断るのかな。
そして陣内は礼一郎さんに謝るべきですな。うん。やさしく抱きしめろ!ш(´Д`ш)
| [BL漫画]高永ひなこ | 02:37 | comments(2) | - | |
スポンサーサイト
| - | 02:37 | - | - | |
コメント
感想書いてくれてるサイトさんの中ではここが一番好きですvv
詳しい内容知りたかったので、今日ここに来てよかった!

まさかこの漫画でそういう展開があるなんて(ぐふふっvv
| | 2009/12/04 1:43 AM |
おお、どなたかわかりませんがありがとうございます(´∀`)v こんな感想でもお気に召していただけてよかった。

すごい展開でしたよね。再来月…どうなるんだ(><)
| はな | 2009/12/05 1:02 AM |
コメントする