CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS)
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
表紙からしてやばすぎます(´ii`) 森永くんストラップもついてなんておトク感。買うべし!!!!!
RECOMMEND
恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
恋する暴君 5 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
兄さんが欲求不満!?(´∀`*)
描き下ろしで爆死する読者多数
これは…まじで逝けます(あの世的なところへ)
RECOMMEND
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS)
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第4巻。
もう、二人の全てが愛しい愛しい愛しい
RECOMMEND
恋する暴君 3 (3)
恋する暴君 3 (3) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第三巻。
合意バックーーー!!!
RECOMMEND
恋する暴君 2 (2)
恋する暴君 2 (2) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第二巻。
兄さんが嫉妬をね…v
RECOMMEND
恋する暴君
恋する暴君 (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
我がバイブルです。
兄さーん!大好きだー!!
SPONSORED LINKS
MAIL FORM
MOBILE
qrcode
<< 念願の特攻(ぶっこみ)! | main | 国博さん…! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
『どうしても触れたくない』 ヨネダコウ
久しぶりのれびう〜。
出てからちょっと経ちますね(−−;) れびうする時期をはずした感満々ですがコレ好きなんですよ。


新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが、新しい上司・外川との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から、一歩を踏み出せずにいる。一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。好きだけど、素直にはなれない―……
不器用な想いの行方は?
なかなか分厚い本でして、中身は一つのカップルをがっつり追いかけてくれてます。なのでかなり読み応えありました(´∀`)v

嶋(受)は自覚ありのゲイです。以前勤めていた会社でノンケと付き合っていたんですが、ヒドイ振られ方をしてトラウマになってます。なのでノンケとはもう付き合わないと思っていたんですが、転職した先の会社の上司である外川に惹かれてしまいます。
外川(攻)はノンケでいたって普通の仕事のできる男なんですが、悲しい(というかむしろ悲惨な)過去がありまして、『家族』というものに憧れを持っています。
そんな2人のお話なので「好きだ!」「オレも!」という訳にはいかないんですよねー。

ノンケはもう好きにならないと決めていてもどうしても外川のことが気になってしまう嶋は、話しかけられても勤めて無愛想に反応したりするんですが、外川のことが気になっているということがどうしても『態度』にでてしまいます。そしてそれを絶妙に拾い上げる外川。嶋に言葉で揺さぶりをかけてくるんですが嶋は頑なに無愛想な態度をとり続けます。
なかば無理矢理外川が嶋を焼肉に誘うんですが、そこでも外川は嶋を誘うようなゆさぶりをかけるような話をしてきます。嶋も一応のやりとりをするものの上滑りする会話。
特に決定打もないままそのまま流れで帰ることになります。食べた後もお互い別れる寸前まで普通に接してそのまま帰るつもりだったと思うんですよね。ポンと頭を叩いてそれで終わるはずだったのに。終われなかったんですよ。嶋のあの顔!(><)
外川を意識しまくりつつ何事もなかったように振舞ってるつもりの嶋に、外川が何でもないような顔をしながらも引き寄せられるようにキスするシーンが…!よかったです。
まさに『流れ』ですね。抗えなかったんだろうなー。それを表現する表情と間と台詞が素晴らしいです。

その後なるようになって関係が続くんですが、外川が距離を詰めようとするのに対しかなり腰が引けている嶋。お互いどんどん相手を好きになっていってて、嶋も気持ちは完全に外川に向いているんですが、彼の過去を思うと自分ではだめだという思いに囚われてしまっていて、そのために表情がすごい寂しくて切ないです(;ω;)

そんなところへ外川の転勤話が持ち上がり、離れてしまう前に関係をちゃんとしたものに進めたい外川が告白して嶋が泣いちゃうシーンも…。・゚(゚´Д⊂)  絶対嬉しいはずなんですよ!なんですけど喜べないんですよね、外川のことを考えると。『外川にとっての幸せ』を考えてしまい、身を引く以外の選択肢がないのが悲しい。

外川が家族に対する憧れを嶋に語ったのはお互いの関係がまだホントに始まったばかりのころで、外川としては確かに切り離せない過去ではあるけれど、ここまで好きになった相手ができた今となっては嶋のほうが大事なわけですよ。でも嶋はそのことをどうしても考えてしまってそんな悲しい過去があったのにさらに相手が家族を築くことの出来ない自分(男)では報われないと思わないんですかと、外川のことが好きなのにどんどん投げやりな台詞を言ってしまいます。
もう終わりにしようということで最後だからと投げやりな無理矢理Hをするんですがお互いの表情が…。・゚(゚´Д⊂)  嶋は外川のことしか考えてないし外川も「こんなに好きなのになんで」みたいな顔してるし…(;ω;) 

外川の最後の台詞の抜けてる部分を、浅はかな私はまんま「お前」かなーと思ってしまったんですが、最終話でのこれの着地点も素晴らしかった。そしてタバコ!
「うおー!あのタバコがここに来て一気に想いがあふれ出しますか!!(≧Д≦)ノシばんばんっ」となりました。 外川の台詞の抜けてた部分も聞こえてなかったわけではなく、文脈やその時の状況で勝手に自分だと思い込んでた嶋でしたが、そうじゃなかったんだと。それを思い出すと同時に溢れる涙!ね! 私も泣きましたよ(涙)

あとはもう止まりません。溢れた想いでもって遠距離もなんのその!嶋が外川の下へ駆けつけて思いを伝えてやっとこさ両想い〜〜〜vv 超感動です。嶋の「頑張ってみても、…いいですかっ」ってのがたまらんかった(TT) 

「嶋… 俺のこと好きか?」
「――…はい 好きです…っ」


。・゚(゚´Д⊂) おろろろろ〜〜〜〜ん(号泣)
コマ割りも表情も間もなにもかもたまんね〜〜〜!!
実に名作でした。超オススメですよ。

そして描き下ろし。
『週末』の、新幹線で帰る外川と嶋の電話でのやりとりが超☆ばかっぷるかと。なんというらぶっぷりかと。あ〜、いいわ〜〜(´∀`)v ほんと、幸せになれてよかったねと最大級の祝福を送ってやりたい。
まあ、その代わり小野田がどんどんおかしな方へ…(笑)
彼が一番の苦労人ですねw 2人がくっつくくっつかないのころから見守って時には情報提供とかもしてて、ただでさえご苦労様なのに外川にあらぬ嫌疑をかけられるわ、その嫌疑が「あらぬ」でもなくなってくるわ…w
嶋か小野田のどっちかが転勤しない限りどうにもならないんじゃないでしょうか(^^;)
と『小野田課長の憂鬱』で笑わせてもらったかと思えば『夜明け前』ですよ。これでまた涙が…。・゚(゚´Д⊂)

これがこの人の初コミックスらしいですが、本当に凄いよかったです。こういう人が現れるからBLはやめられませんな(´∀`)v 次回作も期待!
| [BL漫画]その他 | 00:39 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - | |
コメント
コメントする