CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS)
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
表紙からしてやばすぎます(´ii`) 森永くんストラップもついてなんておトク感。買うべし!!!!!
RECOMMEND
恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
恋する暴君 5 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
兄さんが欲求不満!?(´∀`*)
描き下ろしで爆死する読者多数
これは…まじで逝けます(あの世的なところへ)
RECOMMEND
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS)
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第4巻。
もう、二人の全てが愛しい愛しい愛しい
RECOMMEND
恋する暴君 3 (3)
恋する暴君 3 (3) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第三巻。
合意バックーーー!!!
RECOMMEND
恋する暴君 2 (2)
恋する暴君 2 (2) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第二巻。
兄さんが嫉妬をね…v
RECOMMEND
恋する暴君
恋する暴君 (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
我がバイブルです。
兄さーん!大好きだー!!
SPONSORED LINKS
MAIL FORM
MOBILE
qrcode
<< 気がつけば | main | ぎゃす・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
『くいもの処明楽』 ヤマシタトモコ
評価:
ヤマシタ トモコ
ソフトライン 東京漫画社
¥ 650
(2007-03-15)
最近雑誌でちょくちょくお見かけするようになりましたね、この方。
おとついも本屋でDariaを立ち読みしてたらこの人の漫画が載ってたんですが、すっげ〜〜〜面白かったです。悩んだ末にまだ買ってませんけど今度Daria見たら買っちゃいそうだ。なんかちょっとアン○ャッシュのコントみたいなお話だったんですよ。関係のない隣の人の会話と何故か噛み合ってる、って辺りが。
話としては、喫茶店での色んな人間模様をマスターと店員が観察してるという内容だったんですが、立ち読みしてて笑いをこらえるのに必死でした。(むしろ全然こらえられてなかったですが。普通に肩を震わせて笑っちゃってたよな…)
ああ、やっぱり買ってくればよかった。今すっげー読みたいw

ちょっと前に麗人だかBE−BOY GOLDだか(両方とも立ち読みしましたが何か?)でも名前が可愛いためにコンプレックスがある人の話描いてらっしゃいましたけど、それも面白かったんですよね。オカマ攻でしたが(笑)
この人はコミックス出たら「買い」だな、と思ってます。

前置きが長くなりましたが、以下感想〜。

居酒屋『くいもの処 明楽』の店長・明楽高志のそこそこ順調な人生は、年下の生意気なバイト店員・鳥原泰行からの、突然のマジ告白と「危機感ヨロシク」発言によって一変する。年上としての意地も、男としてのプライドも通用しない鳥原に平穏な日々を乱されビビる明楽だが―!?
『くいもの処 明楽』
バイト青年の鳥原×店長(おっさん)の明楽のお話。

幼なじみ4人組のおっさん(と言って差し支えないと思われます)が『くいもの処 明楽』という店を営んでて、主人公の明楽はここの店長です。表紙の右側のおっさん(受)ですね。もう一人はその店のバイト店員・鳥原で表紙の左側です。こっちが攻。

鳥原が明楽に告白した直後のお互いの反応から話が始まります。なんかこの始まり方がおもしろかったです。お互いに「しまった」と思ってるってのがね。
そして即その鳥原を「クビにしよう!」と、幼なじみであり店のオーナーでもある牧に明楽が言うんですが、明楽が『デキる社長のバカ息子』という感じ訴えるのでね…(笑) まさに「パパぁ あいつむかつくー」と1話の最後では言っちゃってるしw
普通、告白されたら返事なりなんなり考えるじゃないですか。どう答えるか迷ったり。それを相談するなら解りますが「クビにしよう!」というのが、ダメな大人だな〜(´∀`)vと面白かったです。

全体的に会話のやりとりが好きです。かっこいい。
鳥原と明楽の駆け引き〜な会話とか、幼なじみ4人の会話とか、牧さんと鳥原の会話とか。特に駆け引きがたまらんですね。絵柄と相まって雰囲気があるな〜って思います。

鳥原がまたイイ性格してるんですよ。「おまえって頭いいんだっけ」と牧に言われて「はい」と即答するほどに(笑) なのであんまりヘタレではないと思われます。
惚れてるはずの明楽に対しても「めんどくせぇ」とか「(夜中にピンポン押されまくったことにキレて)こ こ 殺していーすか!」とか(笑)暴言吐きまくってます。ああ、イマドキの若者っぽいw 
でも描き下ろしの話でちょっとヘタレ要素がでてきてますね。それがまたいいわ〜v 明楽のことが好きで、色々考えてネガティブにぐるぐるするのがかわいい。

しかしこれに出てくるキャラは皆なんというか現実味がありますね。
BLのキャラって『このキャラの半分(もしくはそれ以上)は腐女子の夢でできてます』というような夢見がちな部分があるじゃないですか。そういったキラキラしたものがほとんど感じられません(笑) それがいいのか悪いのかは別にして、この人の作風には実にあってると思います。
だってえっちのときに受が攻にのっかったことに対しての攻の台詞が「なにがどーとかよりもまず 重い…」って…!!(笑) ちょ、BLでこれはアリなんですか!ww 
帽子を顔の上に乗っけられて、本気で「すっげ臭ぇ…」とかね!(笑)
「もうちょっと夢見させてよ〜(T∀T)」と思いつつ爆笑して読みました。

えっちしーんは局部も描かれてなくて、スマートな感じでしたね。
この本はむしろキャラたちの会話を楽しんでいただきたいです、個人的には。すごい面白かった。


『フォギー・シーン』
うう、カップリングが難しい…。割愛!

先生×生徒のお話ではあるんですが、生徒は本当は別の生徒が好きなんですよ。片想いしてて言えない状態。なので2番目に好きな先生としちゃってるというお話なんですが。好きなタイプのお話ではないなぁ…(−−;)
生徒の、別の生徒に対する思いも報われるんだか報われないんだか、グレーな感じで終わってます。どっちかというとダメっぽい。
アンハッピーエンドなのも好きではないので、この点においても私的にビミョー。なんだか榎本ナリコを思い出しました。


『リバーサイド・ムーンライト』
27歳のゲイ・南田(それなりにイケメン?)×30歳のノンケ・川辺(ぽっちゃりとデブのはざま)のお話。

あくまでもこのカップリングは妄想の段階でして、やっちゃってはいないです。
南田がなぜか何とも思ってなかったはずの川辺をがっつんがっつんにイタす夢を見て、意識してしまうというお話。

川辺の体形が「ぽっちゃりとデブの境界線をギリギリでさまよってる ザ・おっさん」という表現に絶妙にぴったりです。
そしてコレは…  …やっぱりナシかな。(−∀−;)
ヲトメの夢としてもね。「非デブ」は最終ラインかと。ここをやぶっちゃならねぇ。
話としては面白かったと思います。ショートストーリーとしてね。


最後の『店長記』も面白かったです。
バイトの奥田くんが面白かったんですが、彼本編で一言も喋ってないですよね…ていうかいないですよね(・ω・;) おもろいw
多香子ちゃんが可愛かったです。人見知りなところとか、牧さんの刺青見て「こわい いれずみのひと こわい」と真っ青になってるとことか。
そしてそれにショックを受ける牧さんがもっとかわいかったです(笑) でもとても高学歴な人らしく、「お前らとは身分が違う」とか真顔で言うそうですが(´∀`)w それすらも味ですよ。
他の海老川、松城、三ツ本も含め、みんな実にいいキャラしてます。


色んなパターンのお話を描ける人ということでこれから凄く楽しみですし、今のところ雑誌で見た話も面白かったので、要チェック作家さんです。オススメ!
| [BL漫画]ヤマシタトモコ | 01:37 | comments(2) | - | |
スポンサーサイト
| - | 01:37 | - | - | |
コメント
いまさらですが、
すごい面白かったですよね!明楽!!
私も好き―!
| はまっち | 2007/08/02 11:17 PM |
はまっちさん、こんばんはv

これおもしろいですよね!わ〜い、ご賛同いただきありがとうございますv(>∀<)
感想で書いたとおりではあるんですが、作品の雰囲気が好きです。BLなんだけどBLじゃない感じ。

はまっちさんのブログのファンなので、コメントいただけてすっごい嬉しいです(^^)v これからも色んな記事UPしてくださいね。楽しみにしてます。 
最近サボってますが私も色々レビュー頑張りたいと思います(^^;)仮にも『読書感想の日記』というタイトルなのでね…(TT)
| はな | 2007/08/03 11:34 PM |
コメントする