CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS)
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
表紙からしてやばすぎます(´ii`) 森永くんストラップもついてなんておトク感。買うべし!!!!!
RECOMMEND
恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
恋する暴君 5 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
兄さんが欲求不満!?(´∀`*)
描き下ろしで爆死する読者多数
これは…まじで逝けます(あの世的なところへ)
RECOMMEND
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS)
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第4巻。
もう、二人の全てが愛しい愛しい愛しい
RECOMMEND
恋する暴君 3 (3)
恋する暴君 3 (3) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第三巻。
合意バックーーー!!!
RECOMMEND
恋する暴君 2 (2)
恋する暴君 2 (2) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第二巻。
兄さんが嫉妬をね…v
RECOMMEND
恋する暴君
恋する暴君 (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
我がバイブルです。
兄さーん!大好きだー!!
SPONSORED LINKS
MAIL FORM
MOBILE
qrcode
<< 気になる映画 | main | リベンジ成功v >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2007年 08月号『不器用なサイレント』耳特集  その他
そういえばGUSHと一緒にこれも買いました。
「不器用なサイレント」の二人のケモミミバージョンのお話が載ってましたのでね(´∀`)v
もう、めっちゃ可愛かった〜〜vv
サトルくんが黒猫。首のリボンがかわいいv
ケイゴくんは毛並みのいいカッコイイ犬です。首輪がワイルドw

窓の中から眺めるばかりだった犬さんに会いに行こう、とサトルくんが一大決心をして外に出るんですが、その前の身だしなみを整えるシーンに萌えました…。
:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

可愛い可愛い可愛いかわいいかわいいよぉおお〜〜〜〜〜!!(≧▽≦)ノシ

「いざ!」からの3コマ目の猫のポーズにめろめろです。
ああそうそう、猫ってこうやって毛づくろいするよね…vvv

最近は飼ってないのですが、うちも昔は猫を飼っていたのでね。このポーズのラブリーさにほんとメロメロです。もう、むっちゃかわいい!(><)なでまわしたい!!
うう、猫に触りたいよーー!!(´Д`;) でもその辺で見かける猫は触らしてくれないのよーー!ほぼ100%逃げられるのよーー!(TT)
飼い猫とかで、よほど人に慣れてないと猫って触らしてくれませんよね。
お外ではツンツン。おうちにかえってご主人にはデレデレ。まさにツンデレだなぁ。

そんな私の猫事情はさておき、サトルくんは犬さんに会いに外に出るわけですが、外は危険がいっぱいです。
まず自動車にひかれそうになり、その後自転車にしっぽをひかれ、小学生に追いかけられ、ようやく塀の上にあがったと思ったら野良猫の抗争に巻き込まれて池に転落という、見るも無惨な状況です。

でもその池は隣の庭の池でして、ケイゴくんに助けられるんですけどね(´∀`)v
泥だらけだからと水をかけられて、その後ケイゴくんに舐められるわけですが。

ぎえーーー!!えろい!体勢がケモノだ〜〜〜〜!!(*゜Д゜)クワッ
サトルくん「にゃっ に… にゃあ」とか言ってるし!!!(´ii`)

犬と猫だけあって、体格が実際の二人に比べてかなりサトルくんが小さいんですが、それも萌えでした。

毛づくろいシーンが(えろ的に)一番のメインで、全体としてはとってもほのぼのです。
野良猫の二匹が結構ツボにはまって笑えました。ゆうちゃんと町田さんが…w


他では、門地さんのは小説の方を読んでないのでなんとも言えないなぁ(^^;)
見た目的には白衣じゃない方が犬っぽい気がしたんですけど白衣の人の方が犬なんですね。う〜ん、どんな風に続くのやら。というか小説読まないとたぶんホント意味わからない…。

ユギさんはまだカプが確定してない…ですよね。
片山×三上かと思ったんですが、片山が早坂のことも気にかけてるようで。森周平が出てきて「お、森×早坂か?」と思ったんですが、どうも森は三上に一目ぼれしたっぽいし…w うーん、展開が読めません。

鈴木ツタさんの「この世異聞」はよかったです!(><)
らぶらぶvv えちも濃い目だったし。セツからの告白(というか気持ち)が聞けてよかった。それ聞いて泣いちゃってる昭雄も可愛い…(´∀`)v
そうそう、難しいこと考えないであほに行き当たりばったりで生きていけばいいんですよ!(自己正当化)
電話が苦手なセツがおもろかったですw

まあ、漫画についてはこのくらいかな。

あと、個人的に面白かったのが「I本さんと愉快な仲間たち」というコーナーの「現実の男と萌え、どちらをとるか」というテーマの座談会(?)です。
ここの座談会に参加してる時点でかなりの強者だと思うので、この意見が参考になるかどうかは微妙ですが、意見としては頷けるものが多かったですね(^^;)
それ(萌えと男のどっちを取るかで萌えを取る)を実行するかどうかでまた分かれてくると思うんですけどね。この座談会に出てる方たちは実行しちゃった方たちだからなぁ…w イベントのある日に彼氏に会いたいといわれて即答でイベントだった人とか(笑)

H上さんの仰った『「萌え」がおとなしいうちは両立できるんです。萌えジャンルや萌えアーティストが盛り上がってきた時が要注意。』という言葉には思わずわが身を振り返りました(笑)ああ、某暴君関係で思い当たることが…w 萌えジャンルが盛り上がるとそれオンリーになるので、『人』としてのレベルって落ちますよね(笑)
H上さんはそこで人生の選択をした結果5年付き合った彼氏と別れたとか。
うーん、漢(をとこ)だw

この座談会だけでもかなり楽しめました。面白かったので、まだ読んでない方は是非どうぞ〜(´∀`)v 皆さんも思い当たる方が多いのでは?w
| [BL漫画]雑誌感想 | 02:42 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 02:42 | - | - | |
コメント
コメントする