CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS)
恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
表紙からしてやばすぎます(´ii`) 森永くんストラップもついてなんておトク感。買うべし!!!!!
RECOMMEND
恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
恋する暴君 5 (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
兄さんが欲求不満!?(´∀`*)
描き下ろしで爆死する読者多数
これは…まじで逝けます(あの世的なところへ)
RECOMMEND
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS)
恋する暴君 4 (4) (GUSH COMICS) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第4巻。
もう、二人の全てが愛しい愛しい愛しい
RECOMMEND
恋する暴君 3 (3)
恋する暴君 3 (3) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第三巻。
合意バックーーー!!!
RECOMMEND
恋する暴君 2 (2)
恋する暴君 2 (2) (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
バイブル第二巻。
兄さんが嫉妬をね…v
RECOMMEND
恋する暴君
恋する暴君 (JUGEMレビュー »)
高永 ひなこ
我がバイブルです。
兄さーん!大好きだー!!
SPONSORED LINKS
MAIL FORM
MOBILE
qrcode
<< CD | main | 兄さんとの出会いについて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
『ロロロロマンチック』 猫田リコ
ロロロロマンチック
ロロロロマンチック
猫田 リコ

人に薦めるだけ薦めて感想書かないのもなんなので、ここらで・・・。

可愛いようなオカシイようなどこか懐かしいような・・・。不思議な魅力満載でお届けする猫田リコ待望の初作品集!!デビュー作の描き下ろし続編を含む7編を収録。
『ロロロロマンチック』
若手噺家・心太郎×付き人・トキ緒のおはなし。
時代設定はなんとなく大正か昭和初期・・・?そんな感じがします。
毎晩女遊びに明け暮れているだの、とっかえひっかえ節操無しだのと噂話の絶えない心太郎は、付き人のトキ緒には、毎晩帰りが遅くなる理由に「煙突のてっぺんに降りられなくなった女がいた」とか「転がってきた石の下敷きになった女を助けてた」とか、とうてい法螺話にしか思えないことを言います。そして決まって「愛してる」だとか「好きだ」とかも言う。トキ緒からすれば、法螺話のあとにそんな事を言われても、それも法螺話の一環としか受け取れない。心太郎に求められるのも「仕事のうちだ」と諦めてしまっているが―――、というお話。

この話、すっごい好きです。話の進み方から台詞の一つ一つ、そして「間」も好き。一番好きなところは、トキ緒に引き抜きの話がでて、心太郎のことが頭をよぎった後のところ。
「愛しているだとか 好きだとか 嘘だと分かっていたじゃないか だから仕事だと割り切っていたんじゃないか 嘘なのに 嘘なのに 嘘だから 苦しい」
ここすげー切ないッス。

「ゲンダの星」
会社の使える後輩・門真×会社の使えない先輩・減田のお話。
減田が門真を想ってぐるぐるしてる様が可愛いです。後輩の女の子が門真を好きなことを知って身を引こうとする辺りがきゅんきゅんしますね。このお話も好きv

「囁く者たちの部屋」
学校の鬼平先生×桃山先生のおはなし。
なんつーか、これぞ猫田リコ!!ってお話ですね。 おもろいわ〜w
校則の「不純異性交遊を禁ず」に鬼平先生が物申す所から始まるんですが、桃山先生にあんだけいろいろして、話の落ち着く先はそこですか!っていうね(笑)鬼平先生と桃山先生のあれこれ(H)を普通に観察してる先生方もいい味出してます。紅子先生とか特にw
まあ、鬼平先生の言った事は全部本気らしいし、これから桃山先生が拒めるとも思えないので、おめでとうございますって感じですかねv

「悩殺ハニー」
殺し屋×未来に絶望した男のおはなし。
展開が読めるっちゃー読めるんですが、なんだろ、話の進め方が上手いのか普通に引き込まれて読んじゃいます。
「最後に オレの虚しい嘘に付き合ってくれて有難う さよなら」の辺りとかかなりのきゅんきゅんっぷりです。

「月読憩う」
和菓子屋修行2年目の垣津野(20歳)×店主の菱井(38歳)のおはなし。
垣津野が菱井を好きで好きで、しょっちゅう夜這いをするんですが、菱井に「血迷うなというのに」と拒み続けられている状態。
猫田さん自身が「エロシーンが真っ先に浮かんで描いたすばらしい作品」とおっしゃるように、このエロシーンお気に入りです。こういうのもいいねv
脇役の倫子もいい味出してますね。幼稚園児にしてすでにお見合いババアってw

「確執的歓楽王」
刑事の由衣×文士の神楽のおはなし。
「修羅のデビュー作」(笑)ということで絵がかなり違いますね。もちろん面影はありますが、かなりキャラが幼い感じに見えます。
これも時代的には大正とか昭和初期の感じですかね。
「あなたの一番大切なものをいただきに参ります」とある日神楽の家に怪文書が届き、神楽が刑事である由衣を公務員的義務を全うしろ、と呼びつけたところから始まります。二人は大学時代から振り回し、振り回されるつきあいで、そんな関係をもう止めにしたい由衣が実は仕組んだ事なんですがね。
そんなこんなでそれぞれが思ってた「神楽の大切なもの」に相違はありましたが、ハッピーエンドでめでたい!というお話。(なんじゃそりゃ・・・)

「歓楽王再び」
「確執的歓楽王」の続編(?)。怪盗モノです。
さきにオチを言ってしまうと、「神楽が書いた物語の中のお話」なんですね。後半由衣に摩り替えられたらしいですがw
由衣の性格が大変よろしいと思います。「よい悪い」ではなく「いい性格してんなー」という類のw
そして最後のコマの、できあがった本を本屋で立ち読みしてる神楽と、他の客&店員の会話がおもしろい(笑) 猫田さんのこういうセンスが本当に大好きですv

猫田さんの本のなかでは私はこれが一番好きかも知れません。どの話も好きなので。これをよんでやられて以来、猫田さんの本は全部買っちゃってます。台詞の言い回しとか「間」がいいなーと。
なんというか普通のBL漫画とはちょっと違う感じ。なので好みが分かれるかもしれませんけどね。
| [BL漫画]猫田リコ | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 02:21 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hotonndo-bl.jugem.jp/trackback/12
トラックバック